プロフィール


モエコ

はじめまして!アダルトチルドレン専門カウンセラーのモエコです。

カウンセラー:モエコについて

・名前:モエコ

・静岡県出身、魚座、AB型、長女

・関東在住

・資格:メンタル心理カウンセラー、上級心理カウンセラー、看護師、普通自動車、普通自動二輪、
    アロマテラピー検定1級、整理収納カウンセラー2級

・趣味:読書、映画鑑賞、ヨガ、旅行、片付け

・Twitterアカウント:モエコ@心理カウンセラー・ 看護師(@moe_watakura) / Twitter

  

経歴・生い立ち

静岡県生まれ

春うまれのおっとりさん。よく食べよく眠り、マイペースに成長。
ぽんやりしていたので、よく友だちにおもちゃを取られていた。
持病の喘息を直すため、幼少期からスイミングに通うも、喘息は治らず肺活量と肩幅のみが鍛えられる。
 

父母の離婚

10歳頃、父母が離婚。母親に引き取られる。
母が(今思えば)おそらく自己愛性パーソナリティー障害。
ここから苦難の生活が始まることに…。

関東に移住

小学校卒業と同時に、母の再婚相手が住んでいた関東に移住。親族はみな静岡に住んでいたため、頼る相手がいなくなる。
知っている人がいない新たな土地で、サバイバルの予感。

中学生~高校生:機能不全家庭でサバイバル生活

ここから人生で最も苦しい時代に突入。
どんなに辛くても、子どもなので逃げるという発想すら無く、ただひたすら耐える日々。

高校生になった辺りで「あれ?うちの親、ちょっとおかしくない?」ということに薄々気付き始める。

自分で進路を決める

高校生活を生き延び、進路を決定。
私は医療系に進みたかったが、親は法学部に進ませ、ゆくゆくは義父の経営していた法律事務所で働かせようと画策していた。
それを突っぱねると「じゃぁ勝手にしろ!」と本当に放置されたため、自分で進学する学校・奨学金の手配・合格した場合の入学金等々全て決定&手配。
無事に看護学校に進学する。

母との別離

看護学校は厳しかったけれど、友人にも恵まれ充実していた。
しかし、親の意に反して看護師を目指し、楽しい毎日を送る私が気にくわなかったのか、このころから学業に対する母の妨害が始まる。

出席日数に厳しい学校だったが、学校を休んで家事をしろなど理不尽な要求をされたり。
また奨学金だけでは足りない分の学費を稼ぐため深夜までアルバイトをしていたが、それも邪魔される。

19歳の頃。
この妨害行為はどんどんはエスカレートし、ついには実習を休むよう要求され始める。
(実習は少しでも休めばすぐに留年が決定してしまう。)

この時、このまま家に残れば私の人生はつぶされてしまうと強い恐怖を感じ、一人で生きることを決意。
実父に相談しながら、家を出ることに。
母とはこの時以来、一度も連絡を取っていない。

一人で奔走した20代前半

家を出てからは、とにかく毎日が必死。
勉強をおろそかにすれば、看護師の道が断たれる。でも、アルバイトをしないと学費と生活費が払えない。

そんなギリギリの生活の中で、なんとか看護学校を卒業。国家試験にも合格し、晴れて看護師に。

資格を得ても、現場に入ればわからないことだらけ。ハードな仕事で、新人1年目では体重が8kg減少。でも、同期に恵まれなんとか3年間勤務。

その後、スキルアップのため大学病院に転職。ここでも毎日はかなりハード。
やりがいはあるけれど、あまりの忙しさに「仕事に行きたくない」と毎朝泣く日々。

そんなこんなで、生きるために必死の20代前半だったが、抑圧された家から飛び出し、自分の采配で働いたり遊んだりする自由な生活はとても楽しかった!

結婚・子育て

そんなこんなで迎えた26歳。
結婚&出産し、自分が母になった。

子どもはとてもかわいかったが、自分の親族が誰もいない環境での慣れない育児に、ここからしばらく苦しい日々が続く。
今となっては笑えることも、当時は余裕がなくて先の見えない毎日だった。

また、大学病院での仕事は子育てと両立するにはハードすぎると判断し、転職。

その後、第2子を出産。
現在は2児の母として奮闘中。

私のこれから

子育ても軌道に乗ってきたし、仕事は安定している。
そんな中で、ふつふつと今の生活に違和感を感じるようになってきました。

私はこれまで、とにかく常に必死に走り続けてきました。
でも私が本当に望む働き方はこういうことなのか。
人生をかけてやってみたいことが他にあるのではないか。

こんな自分の本心に気づいてしまった時から、もうその思いを止めることができなくなりました。

もっと自分らしいやり方で、困っている人の役に立ちたい。
そんな仕事を自ら立ち上げようと、取り組みを始めました。

まだまだ前途多難。
でも、小さいけれど大きな一歩を踏み出しました。

一度きりの人生。
本当に納得した人生だったと言えるように、これからも走り続けたいと思います。